ローバー都市建築事務所
住宅の施工例 町家再生・古民家再生の施工例 リフォーム・リノベーションの施工例 商業施設の施工例 医療・教育施設の施工例 施工監理実績 建物づくりの流れ お客様の声 設計・建築でよくある質問・Q&A 会社概要 設計のコンセプト 京都・東京事務所アクセス 設計・建築などでメディアに紹介された事例 設計・建築のご予算について 当社へのお問い合わせ

施工事例<大阪市天六 そらをのぞむいえ>

施工事例<大阪市天六 そらをのぞむいえ>写真
施工事例<大阪市天六 そらをのぞむいえ>写真
施工事例<大阪市天六 そらをのぞむいえ>写真
 

計画敷地は、大阪天六の密集市街地に建つ2軒長屋であった。
道路以外の三方は隣接する建物がギリギリまで迫っており、
前面道路も2.7mと狭く、採光を得られる箇所が無かった。

幸いな事に、周囲は低層の建物であった為、
唯一採光を得られる『そら』から
各室に自然光を導くよう計画を行なった。

まず、建物構成を「居住空間」と「階段室」とに明確に分断する事で、
垂直方向に連続する「階段室」から光を導く計画とした。
次に、「階段室」へ自然光を導く為に、
上部にトップライトを設け「光階段」とした。
更に、「光階段」から「居住空間」へ自然光を採り込む為に、
間仕切り壁を無くし、木製縦格子による曖昧な境界としている。

また、各室は可能な限り間仕切壁を無くした
一つのヴォリュームとしており、
空間に最大限の広がりを持たせている。
可動間仕切りやブラインド・ロールスクリーンを用いる事で、
最低限のプライバシーを確保出来る様にしている。

これらの空間構成により、直接視線を交わす事が無くても、
互いの存在をやわらかに感じられ、
建物全体で一体的な空間を形成している。
また、天体観測が趣味のクライアントの為に、
最上部にトップライトを設けている。
このトップライトをスライド式とする事で、
天体望遠鏡を屋外に出して
全方位の星々を観測することが出来るようにしている。

ファサードは朱色のリシン吹付としており、
中央に黒色のアルミ製格子・建具を用いる事で、
ファサードデザインを引締めるている。
また、上部へ視線を誘導し『そら』への意識を誘発する為に、
ラインを垂直方向にまとめている。
視覚空間と意識空間の相乗効果により、
狭小密集市街地にみられる鬱蒼とした雰囲気は払拭され、
広がりのある空間を創出している。

建築場所 大阪市北区天神橋六丁目
構造・階数 木造/地上3階建
用途 住宅
敷地面積 --㎡ (--坪)
施工面積 98.81㎡ (29.89坪)
竣工年 平成17年 (2005年)
建物工事費(税別) 約2660万円
(解体・地盤改良費含む)