京都の町家を拠点とした建築事務所です
資料請求はこちら
前のページに戻る HOMEに戻ります



ルネ下鴨東

改修後畳コーナー
細々した間仕切りを無くし開放的な空間の創出
所在地: 京都市左京区
計画期間: 2005.01〜2005.03
工事期間: 2005.03〜2005.05
構造/階数: RC造 一部SRC造/地上7階建の2階部分
主要用途: 専用住宅
改修面積: 67.20u(20.33坪)
改修費: 約550万円
内部仕上げ:
床:バーチフローリング (遮音性能LL-40)
壁:エコクロス
天井:エコクロス

下鴨神社の東、高野川に面して建つマンションの一室である。築後およそ20年が経過しており、いたる所でクロスの剥がれやカビの繁殖など、内部の老朽化が著しかった。
当計画では、明るく開放的な空間を創出することを最大の目標としている。

そこで、不要な間仕切壁を取り除き、大きな一室空間とすると共に、床や建具・家具に至るまで、部屋全体のカラーを明るい木目に統一することで光の反射率を高め、バルコニーからの光を奥まで導き入れるように計画している。
また、来客への対応の為に完全な個室を設けるのではなく、リビングダイニングの一角に畳コーナーを設け、障子の開閉により個室となるように計画している。この障子は単なる引き違いにするのではなく、L字型とすることで、障子を開けると畳コーナーはリビングダイニングと一体的な空間となる。
マンションリフォームという限られた面積を有効に活用する為、空間を細分化せずに一室空間とする事で無駄なスペースを省いている。それに伴って、浴室や洗面にスペースを割くことが出来、より一層のゆとりある生活を営める空間の創出が可能となる。


【改修前】 
改修前ダイニング 改修前和室 改修前キッチン 改修前クローゼット
【改修後】
間仕切りを無くし大きな一室とした明るく開放的なリビングダイニン 個室あるいはリビングの一角としても使える畳コーナー 明るく使い勝手の良い大きなキッチンを設置 見た目にも優しい木目の扉を設置
 
家具・建具・床等明るい木目にし一体感ある空間としている 絵画用にピクチャーレールとスポットライトを設置  
各画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます

【改修前】 
【改修後】



前のページに戻る HOMEに戻ります