京都の町家を拠点とした建築事務所です
資料請求はこちら
前のページに戻る HOMEに戻ります

木屋町 OFFICE TANIGAWA ANNEX 新築工事 〜ヒューマニティ&コミュニティの再構築〜

 

■1階OFFICE部分
イエローベージュを基調としたぬくもりのある室内空間彩色には茜色をコーディネート

皮革製品を中心に、様々なファッション分野での挑戦を続ける、
「OFFICE TANIGAWA」
先代より続く、固い絆で結ばれたスタッフ同士の連携により
社業は発展を続けている。
本社ビル中庭に増築予定のANNEX(はなれ)には、
そんな”絆”と”連携”が昇華するための媒体であることが、
要求された。


「手狭になった、OFFICE空間を増床する。」

理由としては、明快であるが、その企業に与えられた社会的役割を背景に私たちが再考したとき、その増床計画はまた違った意味を帯びてくる。先代より引き継いだ人的資源という会社の資産。社長のスタッフに対する真摯な思いと、それに応える堅い絆で結ばれた有機的連携。少数精鋭でありながら、社業の発展を遂げるオフィスを増床するにあたり、私たちが軸を据えたのは「ヒューマニティ&コミュニティの再構築」であった。

いわば、人と絆がよりハイステージに昇るような増床計画でなければならない。このような考え方に基づき、既存OFFICEでは為し得なかった、有機的連結機能のある、ANNEX(はなれ)として設計は行われていった。

各階層はリフトと外部階段で立体的に連結され、無機質となりがちなOFFICE空間において、ヒューマニティの概念を挿入することにより、互いに快適な執務環境を構築することとなった。また無駄を徹底的に省いた経済設計は、対資本利益比の向上にも寄与している。最大限配慮したコストコントロールと配分により、投下資本に対する利益率向上の極大化を実現した。

新しく創出された執務環境のなか、今まで以上に、固い絆で結ばれたスタッフが、さらなる社業の発展に寄与する結果となることを祈っている。

(野村)

 

所在地: 所在地 京都市下京区西木屋町
主要用途: 事務所及び倉庫(皮革製品)
設計: (株)ローバー都市建築事務所 担当 松村隆孝
施工:
(有)ハルキ 担当 小林治季
構造・構法: 主体構造・構法 鉄骨造
規模:
地上3階建
敷地面積 380.00 u(114.95坪)
延床面積 212.12 u(65.55坪)
1階床面積 72.43 u(21.91坪)
2 階床面積 72.13 u(21.82坪)
3 階床面積 72.13 u(21.82坪)
改装工事費 約2300万円(坪単価35万円)
工程:
設計期間/ 2005 年10 月〜2006 年01 月
工事期間/ 2006 年02 月〜 2006 年05 月
敷地条件:
商業地域 準防火地域
道路幅員 市道 東側3.9m
外部仕上げ:
ALC板アクリルリシン吹付け
金属サイディング貼
内部仕上げ:
床/ 長尺塩ビシート
壁/ ラフトン吹付け、PB t=12.5の上ビニルクロス貼
天井/ PB t=9.5の上ビニルクロス貼
設備システム:
空調 冷暖房方式/ ヒートポンプ式エアコン
給排水 給水方式/ 直結給水
排水方式/ 公共下水道放流
給湯 給湯方式/ ガス式給湯器
主な使用機器: 照明/DAIKO・松下
リフト/クマリフト

■2階OFFICE部分
オフホワイトによるカラーコーディネート
やわらぎの室内空間を演出


■3階OFFICE部分
天井に映り込む反射光にも配慮
部屋全体がピンクベージュに染まる


■外観見上げ
見上げスカイラインを強調した、 軒線設計
外壁は垂直方向を意識した表層とし
対比構成を行う

PAGE TOP
京都の町屋、町家を拠点とする建築家による建築事務所、設計事務所です。
HomeCompanyRe-SpaceStyle-LifeStyle StoreWorksPublished
モダンリビングの空間創生術Yes!We are ROVER! Share ROVER!Contact UsClient's commentQ&A