京都の町家を拠点とした建築事務所です
資料請求はこちら
前のページに戻る HOMEに戻ります


施主と建築士のひろばコンペ当選案

室内空間をテラスのように。
今回の要望はインナーテラスの実現でした。室内空間の広がりを創るために敷地を最大限利用し、中と外との
繋がりをできるだけ自然な形になるよう開口部を多く設け
、居室にいながらも外にいるような開放感を目指しました。

 

   
建物正面。
二つのボリュームをつなぎ、その間に生まれる大きな解放空間を作り出しました。その構成は、建物のファサード(側面)にも表れてきました。
  建物正面。
通りの反対側から望んでます。
空間の最大限の広がりを追求した結果、矩形の精悍な表情となりました。
 
   

建物正面。
真ん中の控えた部分がインナーテラスとなる部分です。解放性を高めるため、開口部(窓)を多く採っています。

  インナーテラス内部。
上への広がりを写真で再現できなかったのは残念です。裏側も大きな開口部を設けているため、まさにテラスのようです。奥に写っているのは二階への階段です。
 
   

インナーテラス上を望む。
階段を上がって二階へ通じる部分。
構造体をあえて見せることによって、空間のアクセントとしています。

 

寝室。
寝室は、安らぎの場として、必要以上に奇をてらわないものにしました。

 
   

一階裏から二階インナーテラスへ続く階段。

 

壁面のちょっとした工夫は、きっと生活を豊かにしてくれるはずです。

 
       


前のページに戻る HOMEに戻ります