施工事例

注文住宅に限らず、商業施設や店舗デザイン、京町家再生からリフォーム・収益マンション・ゲストハウスまで豊富な実績をもつローバーのお仕事をご紹介いたします。

【上京区西陣 一文庵】 〜現代住宅における京町家再生へのアプローチ〜

施工事例<上京区西陣 一文庵>写真施工事例<上京区西陣 一文庵>写真
施工事例<上京区西陣 一文庵>写真施工事例<上京区西陣 一文庵>写真施工事例<上京区西陣 一文庵>写真
施工事例<上京区西陣 一文庵>写真施工事例<上京区西陣 一文庵>写真

京都西陣にある、路地奥の住宅。
昭和50年ごろに建設されたこの住宅は、吹き付け仕上げの外観にアルミサッシが取り付けられた、当時としてはごく一般的な建売住宅であったと想像される。

「一文庵」と名付けられたこの住宅は、よく手入れが行き届いており、住まいに対するクライアントの姿勢が手に取るようにわかった。今回、住宅を改装するにあたり、クライアントご夫婦は京都らしい風情を醸し出す、京町家風の外観への改装を希望されていた。

町家再生を数多く手掛けている私たちにとっても、町家の修復は手慣れていたが、今回のように戦後の標準的な住宅を町家に改装することは初めての取り組みで、当初より多くの工夫をとり入れながらのプロジェクトとなった。

先人の知恵が蓄積された「京町家」と、戦後、効率を優先して建設された「現代住宅」では、同じ木造住宅でありながら、その考え方や工法は大きく異なっている。京都の伝統的なエッセンスを現代に如何にとりいれながら、快適な住宅環境を再構成するか?
このことは私たちにとって課せられた一つの命題でもあった。

べんがら格子や木製窓、一文字瓦、漆喰(しっくい)や聚楽といった京町家に欠かせない要素を随所にとりいれ、
町並みに溶け込むよう、落ち着いた外観を計画した。
内部空間は、ガラス瓦を介して柔らかな自然光を効果的に取り込むことのできる計画とし、京町家の良さを現代の住宅に投影する仕組みを形成した。

落ちつきのある京都らしい外観は、町並みを美しくする。
昨今の景観政策のありかたを、今一度考えさせられる、意義のある改修事例であった。

建築場所 上京区西陣
構造・階数 木造2階建
用途 セカンドハウス
敷地面積 46.2㎡(14.0坪)
施工面積 32.0㎡(9.7坪)
竣工年 平成24年(2012年)
建物工事費(税別) 370万円
 
(株)ローバー都市建築事務所


PAGE TOP