京都の町家を拠点とした建築事務所です
資料請求はこちら
前のページに戻る HOMEに戻ります



グランフォルム清水 K邸

〜 趣味を楽しむ為の空間へ 〜

アメリカから来られ、京都で華道の仕事をされているお客様より、趣味のチェロを思う存分弾ける部屋と、花を飾り楽しむ為の置き床を作成して欲しいとの依頼をうけ、計画はスタートした。
チェロの為の部屋は、寝室を吸音パネルと遮音パネルを使い分け、防音工事をするとともに音響も豊かになるよう配慮した。床はカーペット敷き、壁は布クロス貼りとしている。
リビングルームには、花を楽しむための置き床を配した。
この置き床には、花に合わせて様々なシーンで楽しみたいというお客様の要望を受け、軸掛けや違い棚、ニッチ、黒い面台など、和の要素を再構築した素材を用いている。飾る花に合わせて変化することのできる置き床となっている。
飾り棚
モダンアレンジされた置き床。

所在地: 京都市東山区
計画期間: 2005.02〜2005.03
工事期間: 2005.03〜2005.05
改装床面積: 12.65u(7.63坪)
内部仕上げ: 床:カーペット敷き
壁:吸音パネルの上、布クロス貼り
天井:遮音パネルの上、布クロス貼り
改装前】
リビング 寝室    
各画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます

改装後】
ガラスと木、二つの異なる素材の違い棚 照明を埋め込んだニッチ 黒色に鈍く光る面台  




前のページに戻る HOMEに戻ります