ローバー都市建築事務所
住宅の施工例 町家再生・古民家再生の施工例 リフォーム・リノベーションの施工例 商業施設の施工例 医療・教育施設の施工例 施工監理実績 建物づくりの流れ お客様の声 設計・建築でよくある質問・Q&A 会社概要 設計のコンセプト 京都・東京事務所アクセス 設計・建築などでメディアに紹介された事例 設計・建築のご予算について 当社へのお問い合わせ

施工事例<南区 アーキテック新社屋>

施工事例<南区 アーキテック新社屋>写真
施工事例<南区 アーキテック新社屋>写真
施工事例<南区 アーキテック新社屋>写真
 

敷地は、区画整理事業が実施された京都市南部。
幹線道路から少し入った所に位置する本計画建物は、
建物本体が宣伝効果を発揮できる、
絶好のロケーションといえる。
我々はその敷地に、
あえて四角の辺の部分を閉じたデザインの立方体を設計した。
辺の大部分を敢えてガルバリウムのスパンドレルで閉じ、
角の部分にガラス張りを配することで、
少ないスペースで大きな宣伝効果を生み出している。

エントランスホールの3層分の吹き抜けを中心に、
各フロアの床が水平方向に積層する空間構成である。
そこから外部に向かって、第1の壁(可動式スクリーン)、
第2の壁(ガラス)、第3の壁(ガルバリウムスパンドレル)が
垂直方向に積層している。
水平方向の積層と垂直方向の積層が表現された吹き抜けには、
トップライトと第1の壁と第2の壁との
間に開けられたスリットから光が入り込み、
辺の部分である第3の壁に反射し、
空間全体に自然光を溢れさせている。
そのスリットには、
フロア毎に異なる鮮やかな色彩が反射している。
立方体という形態、
全面スパンドレル張りという閉じられた構成の中で、
壁と壁との隙間からこぼれる光と、
重なり合うボリュームが吹抜けで遭遇し、
豊かな空間の広がりを感じられる建築になっている。

建築場所 京都市南区
構造・階数 --
用途 --
敷地面積 --
施工面積 123.99㎡ (37.51坪)
竣工年 平成16年 (2004年)
建物工事費(税別) --万円 (--円/坪)