沖縄に行ってきました。その2

 

1時間半のフライト後、無事に飛行機は晴天の那覇空港に降り立ちました。

機外へ出る時に乗務員さんに、風が強いのでご注意下さい、とのアナウンスがありました。確かに風が強く、帽子が飛ばされそうになりました。

那覇空港もボーディングブリッジは無く、タラップでの降機でした。

LCCの空港のターミナルビルは、本当に倉庫にような感じで、手荷物受取所も荷物がベルトコンベアで回ってくるのではなく、一つ一つ手作業で運び込まれてくるアナログスタイル。

日本の大きな空港とは思えない衝撃的な画でした。

荷物をピックアップして、まずはホテルへと向かいました。

~つづく~


カテゴリー: 松村隆孝 | コメントは受け付けていません。

モミポン

京阪清水五条駅より鴨川を西に渡ったところにあるお料理屋「モミポン」さんにいってきました!
オリジナルの「ちり酢」を販売されているとのことでそれを目的に。

入口が見つからずあたふたしていると看板猫が案内してくれましたよ。
お腹を見せてくれるとは…人慣れしてますね。

入口に入ろうとするなり、店長さんが出てきたのでモミポンを早速注文!
店先で全て済んでしまったので、店内には入れず。。(後で入ればよかったなぁと後悔。)

この後、隣のバーで飲んでいたお姉さんに声を掛けられ、同じバーでクラフトビールをいただきました。
バーの店長さんもモミポンのファンで大体の料理にはモミポンをかけるらしく、気づけばモミポンの味の料理しか食べてなかったんだとか。
モミポンは帰ってからおいしくいただきました!


カテゴリー: 赤尾壮彬 | コメントは受け付けていません。

ライカ

先日ライカのフラッグシップ店へ行ってきました。

祇園の花見小路にあります。

町家を改修した店舗。


いぶし瓦のタイルに鋳物のディスプレイ…
カメラだけでなく、店内の内装も素材にこだわりが
感じられました。

2階はギャラリーになっており、とても贅沢な空間。

この日はNIGOさんというフォトグラファーの方が三代目JSoulBrothersのツアーを撮影した展示がされておりました。

恥ずかしながら全く分からず…でしたが
暗さと明るさのコントラストが素敵な展示空間に
祇園の真ん中にあるとは思えないくらい落ち着いた店内で
ゆっくり観賞することができました。

ライカ京都店


カテゴリー: 和田奈津紀 | コメントは受け付けていません。

沖縄に行ってきました。その1

先日、沖縄に行ってきました。

人生初沖縄でした。

そして、海外では搭乗した事がありましたが、遅ればせながら国内初LCCでした。

初、関西国際空港第二ターミナルビル。

聞いていたとおり、倉庫のようなスペースの待合い室。味気ないと批判される事もありますが、LCC、飛行機を非日常的な乗り物では無く、列車の延長上にある日常の乗り物と捉えれば、駅の待合い室と比較しても遜色はない空間かと思いました。

そして、これも聞いていたとおり、ボーディングブリッジからではなくタラップを登り機内へ。

悪天候だと不便かもしれませんが、これも味があってよいなと非日常的使いとしては思いました。

座席の間隔は、これも噂どうり通常の飛行機と比べて約5cm狭い74cm。

177cmの私には、少し厳しいですが価格を考えると1.5時間だけの我慢です。

飛行機は定刻どうり、関空をあとにしました。

~つづく~


カテゴリー: 松村隆孝 | コメントは受け付けていません。

さくら

すこし遅い話になりますが…
ローバースタッフのみなさんが
鴨川へお花見に行っていましたが
私も鴨川へお花見に行ってきました。


落ちていたサクラの枝
普段木をよく見ているせいか、かわいらしく見えてきました。

サクラは横方向にの入った筋が特徴的で、
この皮つきのものは
たまに床の間の床柱として使われているのを見ることがあります。
比較的細いので、
茶室などに使われることが多い気がします。
家具にも多く使われていますよね。

さくら、というだれもが知っている身近な木を
建築(家具や造作材)にできるだけ取り入れていけたら
住む人も使う人もより愛着がわくだろうなあ…と
そういう観点で材を選ぶのもいいなあと考えています。


カテゴリー: 和田奈津紀 | コメントは受け付けていません。

きょうと椅子

四条河原町のギャラリーマロニエで開催されていた
きょうと椅子展に行ってきました。

24名の家具職人さんが
1人1点ずつ製作された椅子を展示する展示会です。

なんと贅沢な…展示会なのでしょうか。。
もちろん一つ一つじっくり座らせていただきました。
1つに椅子といっても座面の高さ、奥行、背もたれ、
ひじ掛け、素材…など様々で、
みんなが一貫してこれがよい!というものは決してなく、
自分自身の感覚で合うものを発見できるのも
魅力のひとつですよね。。

職人さんのこだわりもじっくり見ることができて
大満足な展示会でした^^

この日の展示会で自分の体に合った椅子の座面高さは
43センチ、だということがわかりました。


カテゴリー: 和田奈津紀 | コメントは受け付けていません。

南丹路は安全に走りましょう。

南丹市美山での打合せ。

平日は道もよく整備されており交通量も少ないこともあり、スピードを出してしまいがちです。

そこで、道の駅には↓の啓蒙看板が。

バックミラーにこのバイク?が映ったら、減速する事間違い無しの白バイ隊です。

気が抜ける看板でインパクトありました。

顔を出す勇気が私にはありませんでした。


カテゴリー: 松村隆孝 | コメントは受け付けていません。

過去の痕跡

新しいプロジェクトの打合せの為、大阪の郊外のベッドタウン、昔は丘陵の畑だったところに作られた幹線道路沿いの敷地での打合せの帰りです。

一本裏の道を歩くと、昔の集落の痕跡、畦道だったであろう道や、集落の菩提寺などを発見。

幹線道路沿いからは味気なく見えたこの地域の事が好きになりました。

徒歩で移動は、車の移動だけでは見えない風景を見る事ができるので好きです。


カテゴリー: 松村隆孝 | コメントは受け付けていません。

淡路夢舞台

淡路島に行った際に淡路夢舞台に行ってきました。
安藤忠雄の設計で2000年に竣工。ホテルや国際会議場、植物園等からなる建築群です。

感想はといいますと…。もう広大すぎてよく分かりません(笑)

スケッチや模型なども展示してありました。
動線が明確ではなく迷路のようでした(行き止まりとか)
でもそんなある意味無駄な部分は、個人的には好きだなぁと思いました。


カテゴリー: 中村直美 | コメントは受け付けていません。

先日、淡路島へ行ってきました。
淡路島への道といえば明石海峡大橋。 

わたくし、実は鉄橋が大好きです。
形状であったり、鉄自体であったり、錆びれであったり、ボルトであっり、、、

我ながら、ちょっとマニアックです。

今回も淡路島の入り口になる明石海峡大橋にもうテンション上がりまくりです。ほれぼれしちゃいます。あぁ、美しい。。。

今回は南淡路まで足を延ばし、鳴門大橋も海から見ました。 
あ、なんかちょっと似てますね(笑)


カテゴリー: 中村直美 | コメントは受け付けていません。