▼ 掲載記事
婦人画報 年末特大号 京都の宿



婦人画報 年末特大号
京都の宿

姉小路別邸[堀川御池]

ニューオープンのホテルには千本格子がはめ込まれ、日本酒バーがあります
姉小路別邸[堀川御池]

 今年7月、京都の町に溶け込むような格子窓をあしらった小さなホテルが誕生しました。客室はすべてツイン仕様の7室。シンプルながらも快適さにこだわり、京都「イワタ」の羽毛寝具や、「細尾」の西陣織ファブリックが使われています。リーズナブルな料金も嬉しいかぎり。地酒が揃う日本酒バーの存在も、滞在を楽しくしてくれます。とりわけ最上階の1室は、プライベートテラスが付く特等室です。


右上写真は最上階の「プレミアムルーム」のテラス。前日までの予約で、朝食のデリバリーが可能(1,500円〜)。夜は1階の日本酒バーのカウンターに座り、京都の地酒をどうぞ。

■店舗情報
《姉小路別邸》
京都市中京区姉小路通小川西入ル宮木町460
075-257-8100
http://www.aneyakoji.net/


石塀小路 龍吟[下河原]

和洋のくつろぎを演出する路地奥の宿
石塀小路 龍吟[下河原]

祇園を楽しむなら・・・・・・
片泊まりの宿

夜は祇園で食事をし、お宿では朝ごはんを楽しむ、
そんな京都通の旅を満喫できる片泊まりの宿。
祇園の華やぎを間近に感じてくつろげるうえ、
極上の朝ごはんをいただけるお宿を紹介しましょう。


ソムリエの資格ももつコンシェルジュ小崎和恵さん。彼女に直接つながる携帯で連絡がとれるシステムに。


石塀小路 龍吟[下河原]

 料理旅館「祇園畑中」がプロデュースする「石塀小路 龍吟」は、町家を改装した和モダンスタイルのお宿。京都でも、ひときわ風雅な趣を残す路地に、2012年10月開店しました。「高台寺や清水寺からもほど近い便利な場所にもかかわらず、夜はほんとうに静か。聞こえるのは、石畳に響く京言葉や足音だけという場所です」とコンシェルジュの小崎さん。
 住居だった町家を、柱や建具など一部を残し、洗練された現代的な造りに改装しました。1階、2階ともに1室のみ、ソファが置かれたリビングと床のある和室、広々としたベッドルームというスイートタイプ。簡単な調理ができるキッチンもあり、家族での滞在にも適しています。飲み物はルームサービスも可能で、ワインはソムリエがセレクトというから楽しみです。
 嬉しいのは、地階にある割烹「かみくら」の朝食がいただけること。若狭鰈の一夜干しや聖護院かぶといった京都の味を約10品と、予約時間に合わせ、釜炊きの熱々ご飯が用意されます。旅のプランや晩ごはんの予約も小崎さんが相談にのってくれ、無駄のない充実した京都旅を満喫できます。


1.「帝国ホテル」でも採用されている広々とした日本ベッドが置かれる寝室。2.ゆったりとしたリビングダイニングには、ウエルカムフルーツを用意。3.地階にある「かみくら」。夜の懐石は15,750円〜。4.朝食時間は8〜9時。3,150円(宿泊客のみ)。お弁当仕立てで、ごま豆腐、だし巻き、揚げ湯葉、ちりめん山椒が盛り込まれるほか熱々の湯豆腐やお味噌汁が出される。

■店舗情報
《石塀小路 龍吟》
京都市東山区下河原463-12
075-748-1840
定員1階1〜5名、2階1〜6名
料金1泊29,400円〜(2名利用の場合の1名料金)
IN14時 OUT11時
門限なし 全2室
http://www.gionhatanaka.jp/