美しい部屋 No.53 2003年8月1日号

* 写真をクリックすると拡大画像がごらんいただけます
美しい部屋No.53 2003年8月1日号 ▼ 掲載記事


高天井が特徴の "織屋建て"
この吹き抜けの広がりが
最大の魅力
北川さん宅


路地の奥
織機の音が聞こえてきそうな
江戸末期の貫禄ある住まい


京都の町家といっても、生業によってスタイルが違います。北川さんが住むこのあたりは、織屋さんが多い西陣。
住まいも、何台もの織機が動く工場と住居が一緒になった"織屋建て"と呼ばれる造りが多く残ります。

北川さんの家も、江戸時代末期から織屋として職住を支えてきた建物。
「高い天井には太い梁があり、明り取りの窓もついていて、ぼーっとできる空間なのが最大の魅力」
とはいえ当初、壁は汚れ、水まわりは傷み、とても暮らせる状態ではありませんでした。
仲間とともに修復し、土間に床を張り、親子3人がやすらげる空間へと再生。
暮らしながら手を加え、子どもの成長に合わせて変えていくことを楽しんでいます。
「数十年たっても、この家のほうが現代の家よりもしっかりしているかも」
どっしりとした造りのそこここに、先人の遺産の大きさを実感します。



北川 文太 (きたがわぶんた・32才)
ROVER都市建築事務所 建築デザイナー

クリックすると拡大表示されます クリックすると拡大表示されます クリックすると拡大表示されます クリックすると拡大表示されます クリックすると拡大表示されます クリックすると拡大表示されます クリックすると拡大表示されます