「住宅情報 STYLE NO.4」 2002.1.30号



画像の数字をクリックすると拡大画像がご覧になれます。
 □■ 掲載記事 □■

築80年の町家を使いやすく
全面リフォーム
古いものも残しつつ新築並みの
快適さに


 昔ながらの町家に住みたい、と憧れはあるけれど、現実に住むとなると二の足を踏む人も多いもの。そんな町家を全面リフォームして、新婚生活をスタートされたのが岡本さんご夫妻だ。

一昨年の結婚にあたり、順子さんの実家近くで新居となる一戸建てを探していた。たまたま6戸1のこの家が売りに出ていて、すぐに気に入ったという。

建築士である順子さんは、この家を、「風の通る家」にしようと自らリフォームブランを考えた。誠さんも「個室を作らずにできるだけオープンな空間に」という希望を出されたとか。



画像の数字をクリックすると拡大画像がご覧になれます。 クリックすると拡大表示されます クリックすると拡大表示されます クリックすると拡大表示されます クリックすると拡大表示されます クリックすると拡大表示されます 「築80年ですが、床下の状態もきれいで乾燥していました。全面リフォームで室内は新築並み。制約がある分おもしろかったですね。たとえば、どうしても動かせない柱があり、それを残しながら空間をどう作るかといったことが、まるでパズルを解くようにワクワクしました」と、順子さん。

玄関の敷台、階段などあえて古いものを残したところもある。「次に買う時も中古住宅!」と言われる理由は、構造体はできあがっているから、内装工事だけにコストが掛けられるから、とプロならではの提案だった。



取材協力/(株)ローバー都市建築事務所
 TEL : 075-451-5777



>>京都伏見 堀詰の家 改装工事


▲publishedへ
クリックすると拡大表示されます クリックすると拡大表示されます クリックすると拡大表示されます