土留工事&配筋工事 配筋検査

IMG_4932 IMG_4969

本日は民間の検査機関に中間検査を依頼し、朝から立会いと検査を行ってきました。
構造図に記載の基礎・地中梁の鉄筋数や建物の配置等、間違いがないか確認をしました。
検査も無事合格し、お盆明けからはコンクリートの打設が始まります。


カテゴリー: Nest st NISHIKI ホテル新築工事, 未分類 | コメントをどうぞ

桐の靴入

ゲストハウス極楽堂

玄関土間の下駄箱。
桐でつくっていただきました。
20170801_170801_0014
桐は桐たんすや桐箱などで
よく目にすることが多いかと思います。
防湿効果や防虫効果もあるということで、
靴を入れる下駄箱には桐。と、選んでみました。

色目と木目が優しい表情です。
20170801_170801_0018
桐はイメージにあるかもしれませんが、
日本の木材の中では最も軽い樹種だそう。
その軽さから扉の開け閉めも軽々。

取っ手には真鍮のアンティークのものをつけて
町家の雰囲気にあうようにしました。


カテゴリー: G様ゲストハウス改修計画 | コメントをどうぞ

地鎮祭

計画を進めておりました御所西の家

先日地鎮祭が行われました。
IMG_9635
お施主様が2年をかけて探され、ご縁のあったこの土地。
工事の無事を祈って。お施主様の思いを
これからしっかり形にしていけたらと思います。


カテゴリー: 御所西の家 | コメントをどうぞ

共同キッチン

ゲストハウス極楽堂
1階には宿泊者共同のキッチンがあります。

壁は既存の土壁を残し、
造作のミニキッチンをつくりつけています。 201707111035GUESTHOUSE_TANAKA0066 写真右は計画時のスケッチ。
スペースに限りがあったので、
できるだけコンパクトにしていただきました。


カテゴリー: G様ゲストハウス改修計画 | コメントをどうぞ

客室ドミトリー

ゲストハウス極楽堂

バックパッカー向けのドミトリー部屋です。
二段ベッドの枕元には
照明+コンセント+ロッカーを完備しています。
201707111047GUESTHOUSE_TANAKA0079
ドミトリー部屋は価格帯も低めで、できるだけ宿代を
安くおさえたいバックパッカーの方にはお勧めです。

私も学生の頃は
安く泊まりたいというのももちろんですが、
いろんな方との出会いを目的に
よくゲストハウスのドミトリーに泊まっていました。

旅先での出会い、交流はドミトリータイプのゲストハウスの醍醐味だと思います(^^)


カテゴリー: G様ゲストハウス改修計画 | コメントをどうぞ

鉄骨建て方1日目

さぁ!待ちに待った建て方がスタートしました!
この日は現場を訪れた時間帯がちょうど休憩時間だったので、ライブで建て方を見る事ができなくて残念・・・。
IMG_9272
奥の部分から建てだして行きます。
IMG_9275
工場で製品検査した部分かな?
大きな部材が集まって1つの建物になる姿は圧巻です!


カテゴリー: 東本願寺某ホテル工事 | コメントをどうぞ

埋め戻し完了

電気・機械設備の埋設配管処理も無事終わり、埋め戻し作業完了致しました。
IMG_9246
IMG_8716
こちらはキュービクルの埋設配管部分です。
IMG_9247
施工は要建設さん。
安全第一でよろしくお願い致します!


カテゴリー: 東本願寺某ホテル工事 | コメントをどうぞ

埋め戻し作業

中間検査も無事合格した翌日からは早速基礎部分の埋め戻し作業に入ります。
IMG_9234
IMG_8704
土が入っていない部分はエレベーター部分です。


カテゴリー: 東本願寺某ホテル工事 | コメントをどうぞ

客室個室

G様ゲストハウス改修計画

ゲストハウス極楽堂
としてオープンに向け準備が進んでおります。

201707111105GUESTHOUSE_TANAKA0094
写真左は2人部屋、写真右は1人部屋です。
客室は改修前の状況が痛んでいる部分もあったため、
大部分がやり替えでしたが、
床柱や天床など、残せる部分はかすかに
残させていただきました。


カテゴリー: G様ゲストハウス改修計画 | コメントをどうぞ

玄関ホール

和と北欧モダンの家
以前少し玄関の紹介をしましたが、
玄関ホールの正面には階段があります。(写真右) IMG_3635 階段はスチールパイプ製、
踏板にタモ材の板を敷き、
蹴込板(けこみいた:階段の足が乗る部分の間の垂直の板) をなくした抜けのあるシンプルな階段です。
階段パイプの色は玄関土間の 墨入モルタルと同じ、
少しグレーがかった色に塗装。

この色がきつくなりすぎず、
やわらかな雰囲気をつくっている気がします。


カテゴリー: 和と北欧モダンの家 | コメントをどうぞ