解体工事

KH様社家改修工事が4月からスタートしています。
まずは解体工事から。
ほぼそのまま残す和室部分は、左官屋さんが丁寧に聚楽の表面をそぎ落としていき、新たな聚楽を塗り直します。
IMG_4215大きくプランの変わるその他部分は、床壁天井をほぼ現し、傷んでる箇所は材を入れ替えたり、添柱を入れたりして建物が弱くならないように補強していきます。めくってみると色々と想定していなかったことが出てくることもありますが、熟練した棟梁と共に検討し進めていく作業はとても楽しく、勉強になります。

IMG_4197
お庭の木々が芽吹き、とても気持ちのよい現場打ち合わせでした。


カテゴリー: KH様社家 改修工事 | コメントをどうぞ

地鎮祭

昨年から進めておりましたプロジェクトが着工しました。
御所南に位置するメディカルビルです。
今年秋の開業に向けて、いよいよ工事がスタートです。

建築を通じて地域医療の一端に携われること、とてもありがたく思っています。地域の方々に愛されるクリニックが完成するよう、スタッフ一同頑張りたいと思います!IMG_4121IMG_4143


カテゴリー: 御所南みらいクリニック 新築工事 | コメントをどうぞ

造園工事

ひなや五条

こちらも造園工事が無事終わりました。
ここ何日かでぐっと暖かくなったので、
緑が青々とすがすがしいです。。

IMG_0917

ひなや五条は客室までのアプローチ、
本当に小さなスペースですが、
丁寧にお庭を作っていただきました。
気持ちの良い空間は決して建築だけでは成り立たず、
緑や外部空間が欠かせないものだと感じます。。

IMG_0924
造園:細見造園


カテゴリー: ひなや五条計画 | コメントをどうぞ

表札とりつけ

御所西の家
表札が出来上がったので、取付にいってきました。

20180312_180312_0019
一か月ぶりの現場…
1ヶ月前まで葉がなかったアプローチの植栽が青々としていて、
春の訪れと植物の生命力を感じました。

20180418_180418_0013
個人のお名前なのであまりアップでは
載せられませんが、
瓦職人さんによる手彫りの表札です。

瓦の表札はお施主さんの当初からのご希望で、
ちょうどその時期に大阪のクラフトマーケットで
お会いした淡路の瓦職人さんにお願いして
つくっていただきました。
ばさら工房 清水さん
20180124_180124_0001

インターフォンがどうしても悪目立ちしてしまうので、
インターフォンカバーと一体でつくっていただきました。

瓦は焼き物なので、焼くと縮んでしまうそうなのですが、
その縮み具合も考慮の上、
依頼した図面との誤差3㎜以内、と
ほぼ誤差もなくの仕上がりでした。
職人さんはさすがですね。。。

ありがとうございました。


カテゴリー: 御所西の家 | コメントをどうぞ

竣工写真④~IRORI京都駅東本願寺前~

□客室2
irori27
irori25
irori36
irori28

外観は京都らしい造り、内観は外国人観光客にも喜んでもらえるような内装設計を行いました。
沢山の観光客の方に愛されるホテルになればと思います。
長期に渡るプロジェクトで関係者の皆さま、本当にありがとうございました。

IRORI京都駅東本願寺前
http://www.hotel-irori.kyoto/


カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

竣工写真③~IRORI京都駅東本願寺前~

□客室1
irori15
irori14
irori23
irori20


カテゴリー: 東本願寺某ホテル工事 | コメントをどうぞ

竣工写真②~IRORI京都駅東本願寺前~

□ロビー
irori10
irori11
irori12


カテゴリー: 東本願寺某ホテル工事 | コメントをどうぞ

竣工写真①~IRORI京都駅東本願寺前~

竣工写真が届きましたのでアップさせて頂きます!
□外観
irori01
irori02
irori03
irori07
irori08


カテゴリー: 東本願寺某ホテル工事 | コメントをどうぞ

現場は順調に進行中。外部足場が完成しています。

O社社屋新築工事

現場事務所での打合せの後、現場に行きました。

この日は中には入らなかったので、外部の足場と幕が完成していると外からは何も見えません。

2018-04-18 12.36.102018-04-18 12.36.08-1

僅かに空いている資材の搬入口から中の様子を伺います。

2018-04-18 12.34.33 HDR


カテゴリー: O社社屋 新築工事 | コメントをどうぞ

中間検査 無事合格しました

上棟後、鉄骨のボルトを締めたり、2階床スラブの鉄筋の敷設が終わりましたので、検査機関の中間検査をうけました。

建物の所在地や規模や用途によって基礎配筋時の中間検査が省略されることがあるのですが、この建物がそのケースに当てはまり、この中間検査が最初で最後の中間検査でした。

検査員の方が、鉄骨の寸法や建物の配置を測り、図面との整合性をチェックされます。

小一時間ほど検査を行い、その後現場事務所にてこれまでの施工写真や部材の納入伝票等をチェックし、確認申請に記載した仕様と異なっていないかを確認。

無事に、OKを頂くことができました。

工事の一段階をクリアです。

↓は検査中の様子。図面と現場をチェック中です。

2018-04-09 10.29.13


カテゴリー: O社社屋 新築工事 | コメントをどうぞ