ドミトリー部屋

G様ゲストハウス改修計画 木工事が着々と進んでいます。 もともと町家だったところを看板建築にし、 そして今回また町家を復元します。 この建物にとっては2回目の改修です。 IMG_6833 もともと町家の時のごろんぼの梁、
そして看板建築へ改修時の補強の鉄骨梁。
解体するとその建物の歴史を見たような気持ちです。

今回の改修はおばあさまが住まわれていた建物を
お孫さんが運営させるゲストハウスに、という経緯もあり、
その歴史をたどれるように、
どちらの梁を見せることにしました。

客室が4部屋あるうちの一番面積の広い部屋、
ドミトリー部屋です。

足場とシートで見えませんが、
窓からは京都駅が見えるとても 良い部屋です。


カテゴリー: G様ゲストハウス改修計画, 未分類 | コメントをどうぞ

リビングTVボード

相国寺門前町の家

リビングの一面建具が取付きました。
IMG_3992
この中にはテレビやその周辺機器を全て
しまえるようにしています。

IMG_6890
55インチのテレビを…とサイズのチェック。

いいサイズ感です。


カテゴリー: 相国寺門前町の家 | コメントをどうぞ

小屋裏

小屋裏部屋からリビングの眺め
IMG_3855
天井高は低いですが、夏の暑い空気の抜け道として
室内環境を十分に整えてくれることと思います。


カテゴリー: 相国寺門前町の家 | コメントをどうぞ

アプローチ③

相国寺門前町の家

アプローチ部分壁の杉板貼に馴染むように、
IMG_6896
上吊りの引戸を取り付けました。
自転車置場になっています。

気づかれなかったら…本望です。


カテゴリー: 相国寺門前町の家 | コメントをどうぞ

アプローチ②

相国寺門前町の家 アプローチ部分の外壁
米杉を 縦方向に貼っています。
その流れに沿うよに、窓部分には 格子をはめ込んでいます。 IMG_3932 縦の流れに逆らわないように。

枠を入れず、
格子を支える横の桟も見えないようにしました。
格子部分を板貼の出と揃えて
よりスッキリ見せてモダンにしました。


カテゴリー: 相国寺門前町の家 | コメントをどうぞ

アプローチ①

相国寺門前町の家

アプローチ部分の外構と外壁が進みました。
0427_170427_0007
低めの軒の下の徐々に細くなっていく長い路地のような空間をくぐりぬけ玄関へ入るというアプローチです。

町家や茶室…今残る日本の古い建物では、
この軒の低さというものをとても大切に考えられているように感じることが多くあります。

天井が高いのももちろん開放的で良いのですが、
この低さからくる落ち着きとわくわく感を
大切にしていきたいと感じています。


カテゴリー: 相国寺門前町の家 | コメントをどうぞ

南側の窓

相国寺門前の家

2階リビングの南側に造付のデスクと障子が入りました。
IMG_3336

この障子を開くと
IMG_3337
南側にすばらしい景色が広がります。
IMG_3338
同志社女子大学の建物です。
このデスクは
お子さんやご主人さんの勉強やお仕事をするスペース。

南側の土地はお寺の土地ということで、
建物が建つことが考えられにくく、
この景色をずっと楽しむことができそうです。


カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

玄関左官

相国寺門前町の家 土間の左官工事が終わりました。 墨入モルタルの金ゴテ押え仕上です。 真っ黒ではない、いい色合いです。 IMG_1098 シンプルですが、日を増すほど味わいが出てきて IMG_6560 この表情が自然でとても味わい深いです。


カテゴリー: 相国寺門前町の家 | コメントをどうぞ

季楽 飫肥

設計監理を進めておりました一棟貸しの宿
“季楽飫肥”(きらくおび)がOPEN致しました。
キラク・コレクション
無題
無題2
飫肥の城下町。重要伝統的建造物群保存地区内にある古民家に、
とてもリーズナブルな価格で宿泊することができます。ぜひどうぞ。

季楽 飫肥(合屋邸)〒889-2535宮崎県日南市飫肥8丁目1-48
季楽 飫肥(勝目邸)〒889-2535 宮崎県日南市飫肥 6-7-10
お問い合わせ   customer.service@kiraku.io


カテゴリー: 飫肥のまちなみ再生 | コメントをどうぞ

合屋邸3

04-DSC00653
02-DSC00663
05-DSC0067208-DSC00733oijq9mh6rqdttyzmj7rh写真:ワタナベカズヒコ


カテゴリー: 飫肥のまちなみ再生 | コメントをどうぞ