クロス貼り

烏丸鞍馬口J様撮影スタジオの現場ではクロス貼工事が進んでいます。

IMG_9504 IMG_9462 IMG_9484
内装の雰囲気はほとんどCG通りで、ほっと安心しました。
CGを用いれば施主様とイメージの共有ができるのですごく便利です。
このプロジェクトの色彩計画は、1階が待合や撮影スタジオですので茶系の落ち着いた色を使用し、2階の和洋フィッティングは御着物やドレスの邪魔にならない様に白系の色で計画しています。

IMG_9503

現場ではクロス貼と同時に造作家具の取付工事もされていました。
短工期ですのでいろんな業者さんが出入りされており、現場はあわただしい雰囲気です。
工事もあともう少しです!


カテゴリー: 烏丸鞍馬口J様撮影スタジオ | コメントをどうぞ

クロス貼り工事

現場では2階からクロス貼りが行われていました~。
IMG_0134
IMG_0133
我が家のリフォームの時もお世話になった職人さんだったので、色々と質問~^^
クロス屋さん曰く、このタイプのクロス貼り機械(名前が分からない・笑)を使ってるところはなかなか無いそうで、自慢されました^^
IMG_0137
ちょうどインターンの学生さんも現場見学で連れて行っていたので、皆で興味津々で作業を見ていたのですが、「そんなに見られたら緊張するやんけ!」と言われてしまいました。
でも職人さん、嬉しそうでした^^
職人さんとお喋りする時間、好きですわ~。


カテゴリー: A様千本中立売ゲストハウス工事 | コメントをどうぞ

PBボード貼り

工事もPBボード貼りまでやってきました。
PBボードとはプラスターボードの略で、日本の建築工事の中では欠かせない建築材料です。石膏ボードとも呼びますね。
IMG_9969
IMG_9971
今回は改修工事なので既存の柱や建具枠など残したままで、チリが取れない場所はPBボードではなくて、もう少し薄いベニヤ材を貼って下地となります。
IMG_9975
ボードが貼り終わったらクロス屋さんの登場です!


カテゴリー: A様千本中立売ゲストハウス工事 | コメントをどうぞ

ボード貼

IMG_9222

ボード貼まで完成しました。
ここまでくるとスケール感がだいぶわかりますね。

IMG_9252

短工期で進めてもらっているため、現場に来るたびにすごいスピードで変わっていきます。


カテゴリー: 烏丸鞍馬口J様撮影スタジオ | コメントをどうぞ

鉄筋工事

鉄筋組中です。
IMG_3636
狭小地のため、施工は大変です。


カテゴリー: 東山区蛭子町旅館 | コメントをどうぞ

T様邸 上棟

ここのところ上棟が続々と続いています。

先週は右京区のT様邸が上棟しました。

こちらは店舗と住宅が一体のなった建物で、1階店舗部分は高い勾配天井の空間です。

中央には直径30cmほどの丸柱が入ります。夏に京北町まで見に行った柱です。

模型を作成して検討した1、2階のボリュームバランスもいい感じです。

完成が楽しみです!

IMG_2164 IMG_2166 IMG_2176


カテゴリー: T様邸 店舗住宅 | コメントをどうぞ

外壁ALCパネル建込み

第二回中間検査も無事合格し、現場では外壁材のALCパネルの建込みが始まっていました。
IMG_9192

ALCとはなんぞや?と、思い、調べてみました。
ALCとは、
「Autoclaved」(高温高圧蒸気養生された)
「Lightweight aerated」(軽量気泡)
「Concrete」(コンクリート)
の頭文字をとって名づけられたもので、「高温高圧蒸気養生された軽量気泡コンクリート」だそうです。
IMG_9681
IMG_9705
4階からは京都タワーが一望できる事が発覚!
ここは人気の出そうなお部屋になりそうです~^^


カテゴリー: 東本願寺某ホテル工事 | コメントをどうぞ

基礎コンクリート

御所西の家

基礎のコンクリートが打たれました。
170919

写真左がベース部分の打設後、
写真右が立ち上がり部打設後です。

一目で間取りの広さを感じられるようになりました。


カテゴリー: 御所西の家 | コメントをどうぞ

配筋検査

御所西の家

基礎の配筋検査が無事終わりました。
P1000157
3階建ての建物を支えるしっかりとした基礎配筋。

鉄筋についている薄い赤いサビ、サビている!と心配になりがちですが…

粉がふくほどのサビは拭き取りが必要ですが、
薄い赤サビはコンクリートとの付着に良好に働くようです。


カテゴリー: 御所西の家 | コメントをどうぞ

カウンター天板

「カウンター天板板」と入力して、板板??となり、天板で止めておきました。
どうでもいいですね!

さて、大工さんよりカウンター天板で使う予定の板を確認して欲しいとの事で事務所までもって来て頂きました。
IMG_9886
通りすがりの松村さんにもどっちの面が良いですか?と、ヒアリング。
小端をどっちで見せるか悩みましたが、やっぱり節が目立たないほうで決まり!


カテゴリー: A様千本中立売ゲストハウス工事 | コメントをどうぞ