CompanyRe-SpaceStyle-LifeStyle StoreWorksPublishedContact UsClient's commentQ&A
2012/07/27(Fri) 10:27:11

「モダン和風を竹で彩る」


写真は、前回の京都空間創生術139でも紹介した、
石塀小路の旅館「龍吟(りゅうぎん)」の1階部分にある和食料理店「かみくら」。

今月10日にオープン予定の、旬の食材を使用した、雰囲気のある和食割烹店である。

長さ7.4mのタモの無垢一枚板をカウンターに使用した店内は、全体をモダン和風でデザインし、
古都の風情を楽しめる空間としてまとめあげられている。
「かみくら」の御影石貼りの床と対比するように、天井や壁、建具や格子にまで孟宗竹を使用することにより、繊細かつ上品な室内空間を構築することが可能となった。
普段、建築仕上げ材に使われることが少ない竹材。
こうして様々な用途に使用してみると改めて「竹」のもつその効能に気付くこととなる。

ひとつは、その柔軟さと強靱性である。竹かご等の工芸品に象徴されるように、
比較的加工が容易で、しなやかであるにも関わらず、強い耐久性を持ち合わせている。
このことから、従来の木材ではなし得なかった、細い格子や桟の製作が可能となり、
]結果として美しいデザインが可能となった。

また、伸縮性が低いことも大きな特徴である。
物差しが竹で製作されていたことからもわかるように、竹は経年変化による伸縮が非常に少なく、ひずみがない。そのような竹の特徴は、店舗設計の可能性を大きく広げることとなる。

さらに、飲食店舗においては、竹の持つ抗菌作用も役に立つ。昔の旅人は、その抗菌作用に着目し、竹の皮でおむすびを包み、竹筒を水筒代わりに使用していたのである。
和のデザインともうまく調和する「竹」の特徴。今後に大きな可能性を残す、店舗空間となった。

(毎日新聞京都版 きょうと空間創生術140)


P1070848-1.jpg


2012/07/27(Fri) 10:27:11 | コラム | Trackbacks(0) | Comments(1)
2012/07/27(Fri) 10:25:57

「フォーチュンガーデン京都で納涼会」


今晩は、クライアント様のご厚意で、納涼会に参加させて頂きました。

京都市役所北側にある「FORTUNE GARDEN KYOTO」にて、

事務所のみんなと一緒に、楽しい夏のひとときを過ごしました!

IMG_0326-1.jpg


2012/07/27(Fri) 10:25:57 | コラム | Trackbacks(0) | Comments(44)
2012/07/27(Fri) 10:25:01

「高槻 KD HOUSE 一ヶ月点検」


本日は、先月竣工した「高槻の住宅」の1ヶ月点検へ。

きれいにお使いいただいているのを、見ると嬉しくなります。

これからの素敵な未来をお祈りしています!!

P1080198-10.jpg


2012/07/27(Fri) 10:25:01 | コラム | Trackbacks(0) | Comments(35)
2012/07/26(Thu) 10:24:02

「月ヶ瀬祇園店 いよいよOPENします!」


月ケ瀬 祇園 無事完成です!

明日のグランドオープンが楽しみです。

みなさま是非お運びくださいませ。

IMG_0322-1.jpg


2012/07/26(Thu) 10:24:02 | コラム | Trackbacks(0) | Comments(0)
2012/07/22(Sun) 15:46:59

「西陣ツアー'12 (夏)多数のご参加ありがとうございました!」


本日は、西陣町家ツアーを開催致しました。

晴天に恵まれ、多数の皆様にご参加頂きました。

変わりゆく西陣のあたらしいかたち。

短い時間ではございましたが、存分に案内させていただきました!

暑い中、みなさま本当にありがとうございました!

IMG_3356-1.jpg


2012/07/22(Sun) 15:46:59 | コラム | Trackbacks(0) | Comments(1)
2012/07/21(Sat) 15:46:24

「LIXIL ショールームへ」

住まいと暮らしのブランドがひとつになった「LIXIL」の京都ショールームへ。

トステム・INAX・新日軽・サンウエーブ・TOEXという様々な住宅設備メーカーの
商品が、一同に展示されています。

今までそれぞれにショールームを回っていたことを考えると、便利になりましたね。


P1080111-1.jpg


2012/07/21(Sat) 15:46:24 | コラム | Trackbacks(0) | Comments(9)
2012/07/20(Fri) 15:45:43

「石塀小路におけるこれからの建築空間」


京都祇園の奥座敷として、粋人に愛されてきた、京都東山「石塀小路」。

石畳の路地沿いに美しい石塀と、和風建築が立ち並び、独特の京都らしい雰囲気を形成している。

国の重要伝統建造物保存地区にも指定されている「石塀小路」界隈は、最近は観光スポットとしても注目を集め、様々な飲食店や宿泊施設も新しくオープンしている。

そんな石塀小路の一角に、先日、新しい旅の宿「石塀小路 龍吟」が完成した。

完成見学会には200名を超える多くの人々に来訪頂き、石塀小路における新しい建物への関心の高さを伺い知ることができた。
石塀にかこまれて高台となっている敷地の特性を生かしながら、半地下部分に鉄筋コンクリート造の和食割烹店を計画し、その上に木造2階建ての旅館を建設するという大胆なアイデアは石塀小路内においては初めての試みである。

計画当初より関係行政庁との協議を綿密に重ねた結果、実現した新しいスタイルの空間が実現することとなった。

外観は、全体的に和風を基調とし、石塀小路にふさわしく軒のラインを美しく見せる伝統的なデザイン。格子や円形の下地窓をアクセントに使用しながら、落ち着いた佇まいとなるよう配慮した。

軒裏や窓も木製で仕上げることにより、京町家のような温もりを肌で感じる旅館の雰囲気を作りあげることができた。

重要伝統建造物保存地区という厳しい規制がかかるこの「石塀小路」地域において、ひとつの現代的建築提案が行えたことは、非常にいい経験となったと同時に、これからの石塀小路のありかたを深く考えさせられた、印象的なプロジェクトであった。

(毎日新聞京都版 きょうと空間創生術139)

IMG_0309-1.jpg


2012/07/20(Fri) 15:45:43 | コラム | Trackbacks(0) | Comments(1)
2012/07/18(Wed) 15:45:05

「伊賀の里 モクモクファーム」


三重県松阪市にある「伊賀の里 モクモクファーム」へ。

広大な敷地には、農業の楽しさを学ぶさまざまな施設があります。

自然を感じ、自然の恵みに感謝する。

日頃、忘れかけているなにかを思い出すことのできた、いい体験でした。

IMG_0311-1.jpg


2012/07/18(Wed) 15:45:05 | コラム | Trackbacks(0) | Comments(0)
2012/07/18(Wed) 15:44:29

「横浜ランドマークタワー」


横浜のランドマークタワー。

浜松町からみたワンショット。

みなとみらいを象徴するビルディングですね。


IMG_0312-1.jpg


2012/07/18(Wed) 15:44:29 | コラム | Trackbacks(0) | Comments(47)
2012/07/07(Sat) 15:43:48

「新町の町家 雑誌掲載取材が行われました!」


本日は、設計させていただいた新町町家の雑誌掲載用写真撮影!

巻頭特集8ページで取り上げていただきます。発刊予定は9月の予定。

どんな特集になるのか楽しみです!

IMG_0254-1.jpg


2012/07/07(Sat) 15:43:48 | コラム | Trackbacks(0) | Comments(0)
2012/07/06(Fri) 14:00:58

「新しくなる京都駅八条口」


平成25年度に工事着手が予定されている、京都駅八条口の駅前広場リニューアル計画。

先日、京都市より現時点での設計素案である、「京都駅南口広場整備計画(案)」が手元に届いた。

京都駅南口として、イオンモールKYOTO、京都アバンティ、新・都ホテルをはじめとする、様々な商業施設が建ち並び、賑わいを創出している、通称「八条口」。

近年、近鉄名店街「みやこみち」がリニューアルOPENしたことも記憶に新しい。

整備計画(案)によると、「歩くまち京都」の名にふさわしく、さまざまな整備計画が予定されている。

現在、近鉄八条口前に6台ある観光バスプールは、京都アバンティ前へと移動し12台のスペースへと拡充される。

修学旅行生や団体客のための待合い広場も隣接して整備され、約300人の待機スペースが確保されている。

現在、6車線ある八条通の車道も4車線に変更され、横断歩道距離も27mから18mへと短縮される。

車線減少に伴う新しいスペースは、駅前広場や環境空間の構築に充てられ、自転車専用通路等も新しく計画されている。

また、機械式地下駐輪場をはじめとした、駐輪スペースも大幅に増設され、合計で856台の自転車の駐輪が可能となり、景観にも配慮されている。

タクシー乗り場は大きく西へ移動することとなり、近鉄みやこみちの前へ。

また、現在ある45台自家用車用の駐車場は廃止され、変わりにホテル送迎バス・身障者用スペースを併せて、10台分の停車スペースが用意されている。

新しく生まれ変わる京都駅八条口。さまざまなひとびとが、より快適に過ごせるリニューアル空間の今後が楽しみである。

(毎日新聞京都版 きょうと空間創生術138)


P1080012-1.jpg


2012/07/06(Fri) 14:00:58 | コラム | Trackbacks(0) | Comments(42)

トップページ

プロフィール

image
野村 正樹

バックナンバー

最近の投稿

Link

Search