CompanyRe-SpaceStyle-LifeStyle StoreWorksPublishedContact UsClient's commentQ&A
2010/01/31(Sun) 16:08:31

景観デザイン基準の進化とは

P1280846-1.jpg















「ひと・まち交流館 京都」で行われた、京都市景観シンポジウムへ。一昨年から施行された新・景観条例。これからの京都を考えるにあたり、様々な議論が交わされました。
行政の考える未来像だけではなく、市民目線にたったこれからのまちづくりとは?
更なる進化をとげていく景観問題に新しい議論はつきません。


2010/01/31(Sun) 16:08:31 | コラム | Trackbacks(0) | Comments(36)
2010/01/24(Sun) 14:07:10

NHK大河ドラマ「篤姫」の

P1280780-1.jpg















NHK大河ドラマ「篤姫」の収録が数多く行われた、
第19代薩摩藩主・島津光久の別邸跡「仙巌園」へ。
借景技法を用い、桜島を築山に、鹿児島湾を池に見立てた素晴らしい景色と広大な庭園が特徴の庭園は約5万uもあり雄大な築庭スケール。
江戸末期に海外からの玄関口として栄えた、薩摩藩らしい、舶来品をちりばめた幕末ロマンあふれる和風建築は一見の価値ありです。
島津家当代、第32代島津修久氏のご案内もあって、大変有意義な見学となりました。


2010/01/24(Sun) 14:07:10 | コラム | Trackbacks(0) | Comments(1)
2010/01/23(Sat) 13:40:32

知覧特攻平和会館へ

P1280739-1.jpg


P1280742-1.jpg















鹿児島県南九州市知覧町にある、「知覧特攻平和会館」へ。
太平洋戦争(大東亜戦争)末期に編成された大日本帝国陸軍の特別攻撃隊に関する資料や、写真、遺書などの遺品約4,500点、特攻隊員の遺影1,036柱などが展示されています。
私たちが現在、こうして日本で幸せに暮らしていられるのも、国のために命を懸けて守ってくれた人々がいたからこそであるということを、
痛切に感じると、なんともやりきれない気持ちで一杯になりました。
二度と、このようなことが起こらない平和な社会を築いていきたいものです。


2010/01/23(Sat) 13:40:32 | コラム | Trackbacks(0) | Comments(1)
2010/01/22(Fri) 13:23:50

牟礼ヶ岡ウインドファーム

P1280728-1.jpg
さて、これはなんでしょう??







正解は・・・・・・










そう、風力発電機でした!
P1280726-1.jpg















鹿児島市にある、牟礼ヶ岡ウインドファーム(むれがおかウインドファーム)へ。南九州クリーンエネルギー株式会社が運営する、この風力発電施設は、合計8基の風車が休まずに電力を供給しています。
タワーの高さは、60m 風車の半径は30mもあり、一番高い羽の部分は地上90mの高さにもなります。結構、ゆっくり回っているように見えるのですが、その先端の時速はなんと200km以上!
日々進化する環境技術を学ぶことは私たちにとって大変大事なことであります。


2010/01/22(Fri) 13:23:50 | コラム | Trackbacks(0) | Comments(55)
2010/01/16(Sat) 13:05:59

香住DEカニツアー

P1280572-1.jpg















日頃からお世話になっている、税理士や弁護士の先生方と、兵庫県香住地方DEカニツアー。
日本海の冬の味覚、松葉カニ。温泉につかりながら、幸せなひとときを過ごしました。


2010/01/16(Sat) 13:05:59 | コラム | Trackbacks(0) | Comments(0)
2010/01/29(Fri) 11:12:44

「小さな町家の大きな通り土間」

P1280631-1.jpg
写真は、先日、中京区車屋町押小路上ルに新しくオープンした、ドーナツカフェ「nicotto & mam」。個性的なその店名は、にこやかに笑うさまあらわす副詞「にこっと」と母親をイメージする「mam」からの造語に由来するものだそうである。
間口2間半・奥行4間ほどの小さな敷地に建つかわいらしい京町家は、南側に通り庭をもつ典型的な仕舞屋(しもたや)のつくりであり、奥には小さな縁側と坪庭も整備されていた。そのプロポーションを見る限り、建造年代は昭和初期頃であると考えられるが、全体的によく手入れもされており、1階2部屋・2階2部屋という間取りでありながら、内部空間の広がりを感じさせる京町家であった。
10坪ほどの敷地に建つこの大きさの京町家には珍しく、間口6尺3寸(1間)もあるしっかりとした通り土間を内包し、その存在が室内空間の広がりに大きく寄与する結果となっている。小さな町家であるからこそ、あえて逆説的に大きな土間スペースをとることによって、豊かなに住まいを創造しようとした先人たちの智恵が感じられる空間であった。
この土間スペースを生かしつつ、坪庭を効果的に取り込んだ店舗スペースと厨房構成を計画した結果、その大切な広がりを損ねることなくうまく現代に継承することができた。小さくとも広がりのある空間は、私たちはよく茶室で経験するものであるが、そういった感覚を町家再生に取り込むことのできた新しい事例であったと考える。
オーストラリアに6年間滞在した経験を持つオーナーは、自ら体験したドーナツの素敵なおいしさを通じて、家族の笑顔を創造したいとの想いを持ちながら、日々、小さな町家の大きな土間で微笑んでいるのである。 





2010/01/29(Fri) 11:12:44 | コラム | Trackbacks(0) | Comments(2)
2010/01/21(Thu) 16:13:30

「nicotto&mam 大盛況オープンしています!」

P1280615-1.jpg

















P1280591-1.jpg
去る1/11にかねてより計画していました、
「ドーナツカフェnicotto&mam」が無事オープン。
開店前から行列ができ、開店1時間で売り切れという大人気ぶり!

私たちが食べ慣れている 某Mドーナツとは違った、もちもちの食感がたまらなくおいしいドーナツを作りあげています。

場所は、京都市中京区車屋町押小路上ル(075-223-3630)。
京町家の再生ismを更に進化させた、「nicotto and mam」に12:00の開店と同時に、是非お立ち寄り下さい!


2010/01/21(Thu) 16:13:30 | コラム | Trackbacks(0) | Comments(36)
2010/01/15(Fri) 16:36:24

「技と心をつなぐ一枚板」

_MG-0232-1.jpg















_MG-0566-1.jpg















先日、東山区知恩院門前にほど近い「祇園えもん」という、一件の和食料理店を改装する機会に恵まれた。聞けば、25年前の創業以来、包丁一つでこだわりの寿司を握り続けてこられたご主人が、後継者であるご子息と一緒に新しい寿司海鮮料理店をリニューアルオープンしたいというのである。
30坪弱の従前の店内には、紅葉を配した小さな坪庭も整備されており、四季折々の風情も楽しめる京都らしい雰囲気のある空間ではあった。しかしながら同時に、飾り気のない無難なデザイン構成であったため、どことなく印象の弱さを感じさせるスペースでもあった。
ただ、長年、カウンターとして使用されていた長さ2間半ほどもある一枚の檜板は大切に使用され、毎日丁寧に手入れをされてきた。厚み3寸程もあるその一枚板は、反りを生じることもなく、むしろ年を経るごとに美しくなっているようにすら感じられた。店舗コンセプトに基づき、様々なリニューアルプラン案が検討される中、私はこのカウンターだけは残しておきたいと考えた。私には、まるで一枚板が、先代から二代目へ受け継がれる大切な心のバトンのように感じられたからである。
「ともに仕事をしていくなかで、師匠である父から受け継いだ技と心を大切に、素材と向き合い、感性の赴くままに、自分の料理を究めていきたい。」と二代目 安喰一智氏。父親から受け継いだバトンに、更に磨きをかけて輝きを増してほしい。そんな願いをこめた空間創生プロジェクトであった。


2010/01/15(Fri) 16:36:24 | コラム | Trackbacks(0) | Comments(36)
2010/01/12(Tue) 16:33:04

「三条河原町(仮)Bar Sports and Lady 家具搬入」

P1280529-1.jpg 現在進行中の「三条河原町(仮)Bar Sports and Lady」に 家具が搬入されてきました。あとはオープンに向けて、準備を進めるのみとなってきました。イメージ通りの仕上がりに今からオープンが楽しみです!!


2010/01/12(Tue) 16:33:04 | コラム | Trackbacks(0) | Comments(0)
2010/01/10(Sun) 16:31:24

「今夜はパーティーナイト」

P1280524-1.jpg
















連休を利用して、今夜は、法学部時代のゼミ仲間である、Nさん宅でホームパーティー。お互いに好きな食材を持ち寄り、楽しい時間を過ごしました。いつまで経っても、友達というのは素敵な仲間ですね!!


2010/01/10(Sun) 16:31:24 | コラム | Trackbacks(0) | Comments(1)

トップページ

プロフィール

image
野村 正樹

バックナンバー

最近の投稿

Link

Search