CompanyRe-SpaceStyle-LifeStyle StoreWorksPublishedContact UsClient's commentQ&A
2009/01/31(Sat) 10:59:42

衣棚 YM HOUSE

P1210499-1.jpg現在、中京衣棚にて計画中の「YM HOUSE」。空が見える現代町家として、市景観申請段階から、「クローズアップ現代」を始め、NHKニュースでも取り上げられた、京都市新景観政策における話題のプロジェクト。設計期間は15ヶ月にも及び、プロジェクトリーダーの松田を始め、幾度となく協議を重ねて参りました。
鉄骨基礎の打設も無事終了し、本日は植裁計画の打ち合わせ。土の具合を相談しながら、中庭に植えるシンボルツリーを選定いたしました。続きはまたこのコラムで。


2009/01/31(Sat) 10:59:42 | コラム | Trackbacks(0) | Comments(1)
2009/01/23(Fri) 10:52:44

「上野伊三郎と旧柳本邸」

P1210416-1.jpg















現在、京都国立近代美術館では「上野伊三郎+リチ コレクション展〜ウィーンから京都へ、建築から工芸へ〜」が開催されている。1892年(明治25年)生まれの上野伊三郎は、早稲田大学建築学科を卒業後、渡欧し、ウイーン分離派の中心メンバーである建築家、ヨーゼフ・ホフマンに師事し、1925年(大正14年)日本に帰国した。帰国後、上野伊三郎は、関西を拠点とした「日本インターナショナル建築会」を設立し、ブルーノ・タウトや、グロピウス、リートフェルトといった、著名な海外建築家もその会員であった。1920年代といえば、東京でも分離派建築会や創宇社が設立され、日本中で従来の建築様式を排除した、いわゆるインターナショナルスタイル(国際様式)が萌芽し始めた時代であった。
一言でいうと、個人や地域などの特殊性をこえた、モダンで飾り気のない世界共通デザインである。
写真は、京都市上京区にある「旧柳本邸」(1929年(昭和4年)竣工)。一部、窓がアルミサッシに改修されてはいるものの、水平線を強調した、そのプロポーションは美しく、現代的な印象を受ける。80年経った今もなお、古さを感じさせないところが、インターナショナルスタイルの魅力であるともいえる。
先日、クライアントと話をしていた。聞けば、「旧柳本邸」にお住まいであるという。数年前に「旧柳本邸」の隣地で、設計をさせていただいたことが、きっかけとなり、いろいろと「上野伊三郎」の話を聞かせていただいた。
時を越えて、現存するモダニズム建築。「上野伊三郎」が思い描いた、モダニズムの理想は今もなお、語り継がれている。


2009/01/23(Fri) 10:52:44 | コラム | Trackbacks(0) | Comments(13)
2009/01/10(Sat) 10:31:39

「栃木県 モテギ山頂のアトリエ」

P1210062-1.jpg















現在、栃木県内で計画中のアトリエ計画地へ。
山頂に位置する広大な敷地からの眺めは絶景。
眼下に、広がるパノラマと自然を肌で感じながら、
素敵な時間をすごしました。


2009/01/10(Sat) 10:31:39 | コラム | Trackbacks(0) | Comments(34)
2009/01/09(Fri) 10:21:37

「旧西陣小学校の鉄筋校舎」

nishijinsyougakkou-1.jpg















京都市上京区にあり、現在は廃校となっている「旧西陣小学校」。明治2年
(1869)、上京第五番組小学校として創立され、明治17年1月に西陣の地名に因んで
校名が西陣校へと改称されたこの小学校は、平成9年(1997)に西陣中央小学校へと
統合されるまで128年もの間、地域に根ざした小学校として、その歴史を刻んでき
た。
現在の校舎は、昭和11年に建てられた鉄筋コンクリート造3階建て校舎である。当時
の「京都市西陣尋常小学校改築工事設計図」(昭和8年7月京都市営繕課設計)を見
ると、工事は全体を三期の工事工程とし、その第一期分新校舎の竣工は昭和9年10
月2日となっている。
新校舎の竣工を目前に控えた、昭和9年9月21日。後に、室戸台風と呼ばれる大暴
風が京都を直撃。明治40年代建造の西陣小学校旧木造校舎は一瞬のうちに倒壊し、
521人の児童は校舎の下敷きとなり、41名もの幼い命が奪われたのである。市内
倒壊校舎13校のうち最も大きな被害を出したのがこの西陣校であった。以降、市内
の小学校は鉄筋校舎の建て替えが加速していくことになるが、あと少し、隣の鉄筋新
校舎の竣工が早かったなら、この大惨事は避けられたのである。
当時の設計図を眺めていると、京都市が近代化に向け、整然としたデザインのモダニ
ズム建築を目指していた設計姿勢が伺える。3階左手に突き出して見える部分は音楽
教室。平成12年(2000)には我が母校の乾隆小学校の仮校舎としても使用されてい
た旧西陣小学校。年始に小学校の同級生と話をしていて、ふとそんな話を思い出した
のである。


2009/01/09(Fri) 10:21:37 | コラム | Trackbacks(0) | Comments(47)
2009/01/07(Wed) 10:12:07

「音羽のいえ 上棟しました!」

P1210017-1.jpg















現在、京都市山科で建設中の「音羽の家」。
三面を道路に囲まれた、特徴のある敷地に立つ、専用住宅。
方形の矩形に対し、下屋の軸線に傾斜をつけた独特のフォルムは
少々木組みが複雑ですが、美しいプロポーションとなりました。
竣工予定は、今春予定。今から竣工が楽しみです!


2009/01/07(Wed) 10:12:07 | コラム | Trackbacks(0) | Comments(1)

トップページ

プロフィール

image
野村 正樹

バックナンバー

最近の投稿

Link

Search