CompanyRe-SpaceStyle-LifeStyle StoreWorksPublishedContact UsClient's commentQ&A
2003/10/03(Fri) 15:46:28

西陣フィールドワーク

031003.jpg京都造形芸術大学の授業の一環として、
フィールドワークを実施。
西陣町家スタジオを拠点に、
さまざまな西陣のかたちに触れてもらうこととした。
普段見慣れている風景も、視点を変えれば、いろんな
発見がある。そんな思いを設計に活かすことが重要である


2003/10/03(Fri) 15:46:28 | コラム | Trackbacks(0) | Comments(38)
2003/10/08(Wed) 15:45:58

トチのテーブル

031008.jpg現在設計中の家具に使う天板を、
岐阜県関市の材木問屋までみにいく。
数ある材木の中から、よさそうなトチの一枚板をえらぶ。
少々薄汚れていたが、カンナをかけると、
トチ独特の光沢のあるきれいな木目が現れる。
木曽まできた甲斐があったというものである。


2003/10/08(Wed) 15:45:58 | コラム | Trackbacks(0) | Comments(0)
2003/10/12(Sun) 15:44:05

ヴィーテ・イタリア 秋

031012.jpgイタリアワイン協会公認ソムリエ高岡氏-(ヴィーテイタリア)-による
「料理とワインで巡るイタリア都市」ランチをいただく。
今回は「ローマ」を題材にした料理とワインである。
普段、何気なく飲むことの多いワインだが、料理との相性は、非常に重要である事を知る。
というか、ソムリエの解説付きで飲むと、なんともおいしく感じられる。
次回はトスカーナの州都フィレンツェである。


2003/10/12(Sun) 15:44:05 | コラム | Trackbacks(0) | Comments(6)
2003/10/22(Wed) 15:42:37

都市プランナー ラルフ・ディバート

ニューヨーク州ピークスキル市より都市再生プランナー ラルフ・ディバートが来日。
ネットワーク西陣に訪ねてきてくれました。
彼は、鋳物産業が衰退して廃都市となろうとしていた
ピークスキル市をアーティストが集う街として見事に再生させた
第一人者です。写真は、SOHO支援町家での歓迎会。となりは宗田先生。
麻生圭子さんもきてくれました。


2003/10/22(Wed) 15:42:37 | コラム | Trackbacks(0) | Comments(0)
2003/10/23(Thu) 15:42:37

いきなり黄金伝説!

城陽の古蔵再生のため、
まずは不要なものをを処分することとなった。
今までいろんな古民家をみてきたが、本日の不要品の量は
4トントラック×6台=24トン!!
「いきなり黄金伝説」もびっくりである。
しかし、母屋にはまだ推定80トンがねむっている・・・。


2003/10/23(Thu) 15:42:37 | コラム | Trackbacks(0) | Comments(0)
2003/10/24(Fri) 15:42:37

日本耐酸瓶工業

031024.jpg岐阜県の日本耐酸瓶工業へ。
いろんな瓶をつくっている会社である。
まるで、小学校の社会見学の様相を呈していた。
ガラスビンの材料は80%がリサイクル。環境保全に役立っています。
写真は、リポビタンDの瓶を作っているところ。
ファイト一発である。


2003/10/24(Fri) 15:42:37 | コラム | Trackbacks(0) | Comments(33)
2003/10/25(Sat) 15:36:19

白川郷の合掌集落

世界文化遺産の白川郷合掌集落へ。
すっかり、観光地の様を呈している。
中沢新一「森のバロック」より。
「すぐに儲けにならないものの中には、貴重なものがいっぱいあるのだ。
生命の世界もそう、それに景色だってそうだ。なんの儲けになるかと思っているかもしれないが、
それがいまに一番の貴重品になる時代がやってくる。景色を護らなくっちゃいけない。
その景色の中に生きている、生命の世界を金儲けの魔力から護らなくてはいけない」


2003/10/25(Sat) 15:36:19 | コラム | Trackbacks(0) | Comments(1)
2003/10/29(Wed) 15:36:19

京都ビエンナーレ2003

031029.jpg味方玄さんの新作能「待月」を観にいく。
京都ビエンナーレ2003のプログラムの一環として、上演されている。
個人的にも親しくさせていただいている味方さんは
現代に”能”を生かし続けるため、モダニティ(現代性)とトラディション(伝統)をより自然に融合させた能の舞台空間を積極的に創造されている。
今回は、劇作家松田正隆さんとのコラボ。人間の原罪をテーマにした新作能である。


2003/10/29(Wed) 15:36:19 | コラム | Trackbacks(0) | Comments(0)

トップページ

プロフィール

image
野村 正樹

バックナンバー

最近の投稿

Link

Search