CompanyRe-SpaceStyle-LifeStyle StoreWorksPublishedContact UsClient's commentQ&A
2003/05/03(Sat) 17:39:56

ついに・・・(;;)

7年前、ちょうど建築を始めた頃にみた、
TBSのドラマ「協奏曲」。
いつかは行ってみたいと、夢にまで見たあの教会についにいくことができた。(;;)
設計は槇先生。
あらためて建築のすばらしさを再認識した瞬間でした。


2003/05/03(Sat) 17:39:56 | コラム | Trackbacks(0) | Comments(35)
2003/05/04(Sun) 17:39:56

早速話題の・・・

030504.jpg早速話題の六本木ヒルズへ。
17年越のプロジェクトだけあり、そのスケールたるや壮大である。
何とも未来を予見させる、建物だが、
先日のコンペ案に似てるような気がするのは気のせい??
とにかく、迷路のようでなにがなんだかわかりづらーい!!


2003/05/04(Sun) 17:39:56 | コラム | Trackbacks(0) | Comments(1)
2003/05/05(Mon) 17:39:28

プラチナ通り

030505.jpgマダムに人気の高級住宅街「白金台」へ。
喫茶はすべて、オープンカフェ。
犬は、みんな、手入ればっちり。雅子さまのショコラみたい。
車は、外車だらけ。なかには見たことないようなものまである。
ただ、その雰囲気は独特の優雅さがあり、
今後のまちづくりの参考になると感じた。


2003/05/05(Mon) 17:39:28 | コラム | Trackbacks(0) | Comments(1)
2003/05/07(Wed) 17:38:56

GWぼけ

030507.jpg今年のGWは働くママさんには非常に冷たい暦でした。赤の日の続いたのがラスト3日だけ。
がーん。もっぱら常日頃片づいていないおうちの整理とちょっとばかしのドライブで終わってしまった。
後は盆休みに期待するぞーっとカレンダーをめくってみたけど、これもあんまり。これはもう自分で勝手にカレンダーを赤く塗るしかない!!
ともあれ、信楽焼の狸を見て、我が子と間違ってしまう母なのだから、仕事をしている方が合っているのかも?


2003/05/07(Wed) 17:38:56 | コラム | Trackbacks(0) | Comments(37)
2003/05/09(Fri) 17:38:25

初鮎

030509.jpg今日は池坊さんたちと会議であった。
そこで、この時期にはめずらしく、鮎をたべることとなった。
今まで、鮎といえば、夏にたべるものとおもっていたが、
これがなかなかどうして、おいしかった。
初物をたべるときにはどちらかを、向くらしいが、
すっかり忘れてしまいました。


2003/05/09(Fri) 17:38:25 | コラム | Trackbacks(0) | Comments(35)
2003/05/10(Sat) 17:37:50

こだま号

030510.jpg日帰りで、九州へ。
今まで、知らなかったが、なんと九州には、
博多南線という新幹線が存在する。
ふつうしらんよな。
なんと、走っている車両はなつかしの0系車両!!
小さい頃新幹線といえば、やっぱりこれでしたよね!


2003/05/10(Sat) 17:37:50 | コラム | Trackbacks(0) | Comments(1)
2003/05/13(Tue) 17:37:13

通勤電車

030513.jpg京都が誇る酒の町から、これまた京が世界に誇る茶の町まで、毎日地下鉄の旅を楽しんでいる。
楽しんでいるというか、今日もまた朝寝坊のシャキっとしない頭をもって揺られているというほうが正しいかもしれない。
たかだか20分そこらの揺られ旅だが、そんな時間の小説旅行が一日の楽しみになっている。そんな事が一日の楽しみだなんて・・・と思われるかもしれないが、これは、「通勤電車小説旅行」好きの人しかわからない、空想時間・非現実世界への誘い・そして人生を考える、ほんっとに楽しい時間なのだ。
ちょっと前までしっかりはまっていたのは、山本周五郎の「赤髭診療壇」。この小説は、「通勤電車小説旅行」にはもってこいの作品だった。単行本1冊のボリュームはあるのだが、オムニバス形式でそれぞれが完結した短編の集まり。それに登場人物のキャラクターが個性的なのと言葉がとっても強い。朝の「通勤電車小説旅行」で読むと、一日中脳裏から離れないほど。これは、楽しく有意義な旅が送れた。事務所には毎日若干遅れ気味だったけど・・・。


2003/05/13(Tue) 17:37:13 | コラム | Trackbacks(0) | Comments(52)
2003/05/16(Fri) 17:36:43

緊張!

030516.jpg毎日新聞京都支局にて、第8回毎日きょうとサロンに出席。
帝京平成大学 水野助教授をコーディネーターにむかえ、
シンポジウムが開催された。緊張。
また、夕方は橋爪先生を訪ねて、設計中のプロジェクトに
ご意見をいただく。またまた緊張。
なんだか、緊張の一日であった。


2003/05/16(Fri) 17:36:43 | コラム | Trackbacks(0) | Comments(1)
2003/05/17(Sat) 17:35:54

ジブリ

三鷹市のジブリ美術館へ。
なんだか、とってもよくできている。
アニメのことがよく分かる。
こどものように、おっさん5人で遊んでしまった。
かおなしのぬいぐるみを、スタッフに頼まれていたが、
残念ながら売ってませんでした。合掌。


2003/05/17(Sat) 17:35:54 | コラム | Trackbacks(0) | Comments(36)
2003/05/18(Sun) 17:35:54

明日香村

030518-1.jpg奈良県明日香村へ。
なんとも、古代ロマンあふれるまちである。
小学校で習った、蘇我の○○や、大伴の○○、
物部の○○がいっぱいでてくる。
写真は、飛鳥寺である。
中大兄皇子が、大化の改新のときに陣地にしたそうである。
うーん、1400年前のはなしである。


2003/05/18(Sun) 17:35:54 | コラム | Trackbacks(0) | Comments(1)
2003/05/18(Sun) 17:35:21

上棟式

030518.jpg西の京のいえの上棟式である。
今回も、仏式。
お坊さんの読経の流れる中、なかなか
荘厳な上棟式であった。
今後の、工事の無事をいのる。


2003/05/18(Sun) 17:35:21 | コラム | Trackbacks(0) | Comments(36)
2003/05/20(Tue) 17:30:44

隙間記事に思いを寄せる・・・

昨日の新聞の隙間記事。なになに村の隧道を村民と工事業者が協力仕合、他では考えられないスピードで切り開いた、という内容だった。その規模の隧道の工事期間としては類を見ないものだったらしい。

建設現場は、使い手(施主)と作り手(設計・工務)との知恵の集結の中で、前代未聞のなにかを作り上げることがある。すばらしいことだと思う。
続くデフレ経済の中、建設単価も下がるに下がってきている。
にわとりが先か、たまごが先か、使い手側も作り手側も、もう一度その村の隧道工事の純粋な気持ちに立ち戻って欲しい、と思う。


2003/05/20(Tue) 17:30:44 | コラム | Trackbacks(0) | Comments(36)

トップページ

プロフィール

image
野村 正樹

バックナンバー

最近の投稿

Link

Search